• クラダシ広報

全71件の中から唯一!クラダシがグッドパッチの「SDGs促進を志す企業」への無償デザイン支援先に決定~2021年3月より共同プロジェクトをスタート~

社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」を運営する株式会社クラダシ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:関藤竜也、以下「クラダシ」)は、株式会社グッドパッチ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:土屋 尚史、以下「グッドパッチ」)による、SDGs促進を志す企業への無償デザイン支援先に決定いたしました。2021年3月より共同プロジェクトを開始し、ブランド価値の言語化などを実施するとともに、さらなるSDGs促進を実現します。

■無償デザイン支援の概要

2020年10月、グッドパッチは「経済成長」「社会」「環境保全」など持続可能な社会の実現を目指す企業・団体・NPO法人を対象とした無償デザイン支援先を公募。全71件の応募の中から、厳正な審査を経てクラダシが支援先に決定しました。


支援の目的は、社会課題に向き合う挑戦者の支援を通じ、ハートを揺さぶるデザインで世界を前進させるというビジョンの実現です。持続可能な社会の実現や社会への周知・啓蒙にデザインの力が有用である一方で、その力を活用できない企業や団体が多い現状があります。この現状を改善して社会課題の解決やSDGsの促進を図るため、支援プログラムがスタートしました。


今回の共同プロジェクトでは、2021年3月から6月までのおよそ3か月間かけて、企業理念と提供価値の構造化/明確化、価値を表現する共通言語の開発、価値を伝達するための各種資料やwebサイトの開発などを実施予定です。


※参考リリース:「社会課題に取り組む挑戦者たちにデザインの力を。SDGs促進を志す企業・団体・NPO法人へグッドパッチがデザインを無償支援」https://goodpatch.com/news/sustainable-society

プロジェクトのスキーム


■クラダシが支援先に決定した背景

クラダシは、SDGsが正式採択される直前の2015年2月から、日本初・最大級の社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」を運営してきました。2021年にはサービス開始から6周年を迎えて会員数18万人超・累計寄付額5,100万円超にまで成長するなど、着実にフードロス削減と社会貢献を実現しています。社会性・環境性・経済性のいずれにも優れた企業として、官公庁からも評価やご支援を頂いてきました。


また、クラダシのミッション「ソーシャルグッドカンパニーでありつづける」・ビジョン「日本で最もフードロスを削減する会社」を実現するために、存在意義やブランド価値を言語化し、より多くのクライアント・カスタマーに届ける必要性が高まっていました。


こうしたクラダシの活動実績やブランド価値の言語化の必要性、ビジネスとして持続的に発展させることを目指す姿勢や日本のみならず世界に貢献する強い志があることをもとに、クラダシが支援先に決定しました。


■クラダシ代表 関藤のコメント

クラダシのソーシャルビジネスが、「ハートを揺さぶるデザインで世界を前進させる」をビジョンに掲げるグッドパッチに選ばれ大変光栄です。特に、我々の志を高くご評価いただき心から感謝いたします。

私自身、その想いにハートが揺さぶられました。クラダシの目標は、2030年までのフードロス半減。その実現に向け、日本初の「1.5次流通」市場形成にチャレンジしています。

社会課題の解決には社会風潮を生む必要があり、そのためにもUI/UXをより分かりやすくインパクトのあるものにする必要があります。クラダシでの体験こそがSDGsの取り組みそのもの。そんな世界を創りたいと考えています。

今回の共同プロジェクトを通じて、グッドパッチのデザインの力によって革新的なスピードでSDGs達成に向けて協業できることが楽しみです。


■グッドパッチ代表 土屋氏のコメント

今回の選考にあたり、すべての面談に参加しましたが、社会の課題解決と事業者の利益追求が切り離されることが多いなか、社会にインパクトを出しながら事業として成長させていきたいと考える企業があったことが発見でした。その中でもクラダシは特にその志を感じ、今回の共同プロジェクトに至りました。

クラダシは、事業の成長に伴い組織も急速に拡大中です。人が増えても適切な求心力・凝集性を保つために、いま価値の言語化に取り組む必要があります。クラダシの事業は、フードロス・食品業界の構造やマーケットの常識を変える挑戦的な取り組みでもあり、社会における共感人口を増やすためにも今回BX(ブランドエクスペリエンス)領域から支援させていただきます。

プロジェクトメンバーによるキックオフミーティングの様子


■株式会社グッドパッチについて

グッドパッチは、東京、ベルリン、ミュンヘンにオフィスを構えるデザインの力でビジネスを前進させるグローバルデザインカンパニーです。

デザインパートナー事業では、新規事業の立ち上げ、既存事業のリニューアル、企業のデザイン戦略立案、デザイン組織構築支援などを行い、大企業からスタートアップまで企業が持つビジネス課題をデザインで解決しています。


■社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」について

KURADASHI(https://www.kuradashi.jp/)は、フードロス削減への賛同メーカーより協賛価格で提供を受けた商品を最大97%OFFで消費者(会員)へ販売し、売り上げの一部を社会貢献活動団体へと寄付する日本初・最大級の社会貢献型ショッピングサイトです。環境保護や動物保護の団体、新たに設立したクラダシ基金など、全20団体を支援しています。


【2020年12月現在の主な累計実績】

・食品ロス削減数:10,476トン ・経済効果:32億4,754万円   

・CO2削減数 :26.81t-CO2 ・寄付総額:51,646,446円


【受賞歴】

・2017年:「ソーシャルプロダクツ・アワード2017」優秀賞

・2018年:東京都環境局「チームもったいない」の「Saving Food」部門代表に抜擢

・2018年:環境省主催 「第6回グッドライフアワード」環境大臣賞

・2019年:品川区「社会貢献製品支援事業」選定・認定

・2020年:第7回「食品産業もったいない大賞」審査委員会委員長賞

・2020年:「環境白書」「消費者白書」に掲載

・2020年:第3回「日本サービス大賞」農林水産大臣賞

・2020年:令和2年度「気候変動アクション環境大臣表彰」

・2020年:第21回「グリーン購入大賞」農林水産大臣賞

・2020年:第55回 「社会貢献者表彰」

・2020年:「食品ロス削減推進大賞」消費者庁長官賞

・2021年:「Japan Venture Awards 2021」JVA審査委員会特別賞

■会社概要

社名:株式会社クラダシ

代表者氏名:関藤竜也

設立:2014年7月

本社所在地:〒141-0021 東京都品川区上大崎3丁目2−1 目黒センタービル 5F

事業内容:社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」の運営

URL:https://www.kuradashi-mottainai.com/


120回の閲覧0件のコメント